外壁塗装について詳しく解説していくサイトです

外壁塗装で手抜きされないための業者選び

外壁の状態が悪くなってきた時には外壁塗装を行う事が大切です。
放置してしまうと見た目が悪いのはもちろんですが、塗装が剥がれた部分から木が傷んでしまうなどのトラブルを発生させてしまいます。
外壁塗装を行う際には専門業者に依頼する事もあるものですが、その際にはよく業者選びを行う事が大切と言えます。
業者によって良し悪しがありますが、中には手抜き工事を行うような業者も存在するのです。
やはり高い費用を支払うからには手抜き工事はされたくないものですので、その為にも依頼先をよく吟味する必要があります。
ではどういった外壁塗装業者を選べば良いのかと言いますと、まずは実績が豊富にある業者を選んだ方が良いと言えます。
実績があるという事は人気が高いという事ですし、手抜きをされるリスクも低くなりますのでチェックしてみると良いでしょう。
他にも利用者からの評判も大切です。
その為、口コミなどをチェックして評判の良し悪しを確認してみる必要があります。
 

外壁塗装について考える

家の壁や屋根の外壁がはがれたまま放置しておくと、はがれた場所から雨がしみこんだり風にさらされたりして、構造の部分の木までいたむ原因になります。
そのため、築年数がたった家は定期的に外壁塗装を行う必要があります。
最近の傾向としては、塗装に使うペンキにこだわりを持つ方が多くおられます。
ペンキの種類により、様々な効果や耐久性が変わってきます。
アクリル塗料は価格が安く喜ばれる商品ですが、耐久性が低い欠点があります。
ウレタン塗料はアクリル塗料より防水性、耐久性に優れています。
シリコン塗料は耐水性、耐汚性、耐候性があり耐久面でも優れています。
機能性や価格を考えた時に最もコストパフォーマンスの良い塗料といわれています。
フッ素塗料は、塗膜の寿命が非常に長く耐久性など、機能面では最も優れた塗料です。
しかし、価格が高いので、高級塗料といえます。
このように塗料の成分により特徴も変わります。
外壁塗装は度々行うものではないので、行うチャンスを活かして、効果的な塗料を選ぶ方も多いです。
例えば、遮光率が高く、断熱性にすぐれた塗料は、夏は暑い日差しを防ぎ、冬は保温効果があるので、住みよい暮らしを得られるメリットがあります。
また、光触媒塗料は、塗膜につく汚れを分解し、雨で洗い流せる効果があるので、防汚性、防カビ性に優れています。
外壁塗装は、外観を美しく見せること以外にも、長期的に丈夫な家を保つ大切な役割がありますので、機能性と価格を考慮して塗料を選ぶと、満足のいく工事を行う事ができます。

おすすめWEBサイト 5選

東京のケータリングサービス
http://www.c-tokyo.com/
評判のいい医学部予備校
http://www.ishinjuku.ac.jp/
ネズミ 撃退
http://grg-japan.com/
作曲 レッスン
http://www.wings-music.com/sakuhen.html

最終更新日:2015/8/4